== 新月・満月 ==

    蠍座の新月

    11月3日 21:50に蠍座で新月を迎えます^^

    ■11/03 21:50ホロスコープ ※カイロン3.5で作成しております

    moon131103.jpg

    蠍座というと、無意識の世界、生と死、破壊と再生、嫉妬や執着、性、

    などの意味を持ち、普段はあまり表立たない世界を表します。


    今回の新月時には、蠍座に太陽・月・水星・土星が入っていて、

    ほぼ重なっているので蠍座色がかなり強くなっています。

    かつ、水星は今、蠍座で逆行中。


    また、乙女座火星、山羊座冥王星がこれらと60度を取っているので、

    現実の中にどうしても過去を思い出させるようなことや、

    今まで見過ごしていたことを突きつけられることも多いのではないかと。


    ずっと抱えている問題や障害。

    見ないようにしてきたこと。

    もうとっくに忘れ去っていた、もしくは、解決していたと思っていたこと、

    など。


    それに、この蠍座の天体のかたまりは4ハウスにいるので、

    家庭での問題や私達の根底に潜んでいた 何か であるように思います。


    それらがこの新月に向かって表立ってくる流れだったので、

    ゲンナリされている方も多いのではないでしょうか?^^;


    ただ忘れてはいけないのは、蠍座は破壊と同時に再生の星座である、ということです。

    何かが終わって、もしくは壊して、新しく始まる、という性質です。


    だから、このゲンナリ感や過去や障害に振り回されるのではなく、

    再び生まれる、生きるために、キレイになっているとき、

    ということを忘れないで下さいね^^


    前に進むためには、今までと同じ方法をとらないことです。

    これまでしがみついてきたこと、悪癖、パターンから手を離すことです。


    もし今、行き詰まっていることがあったとしたら、

    今までのやり方はもうおしまいにして、違う方法や違うことに目を向けてみると、

    スムーズな流れが出来ていくと思います。


    もしかしたら、以前途中で辞めたこと、挫折したこと、諦めたことなど、

    何かが復活する可能性や、復活させるといいということも考えられます。

    時間が経ったからこそ、もう一度チャレンジできるような感じです。


    そんな機会として、この新月は最適かと^^

    牡羊座天王星・山羊座冥王星もタイトな90度を取っていますし、

    まさしく 変え時 です。


    それからこの日は、日本では見えないものの金環-皆既日食が起こります。

    日食は、次の日食までの始まりの日でもあると言われています。

    次の日食である2014年4月29日までのための新たなスタートとなる、

    ということです。


    それから、よく見ると、乙女座火星と蠍座軍団と牡羊座天王星で、ヨードを作っていました。

    この蠍座パワーを現実で用いるためには、牡羊座天王星を使わなければいけない、

    ということですね。


    牡羊座天王星=新しい世界への改革、飛躍、独自性。

    今までとは違った、型破り的な(天王星)始まり(牡羊座)。


    さらによーく見てみると、吉星と言われている金星と木星はノーアスペクト。

    優しさ、柔らかさはなし!って感じですが^^;

    いや、でも、蟹座木星は12ハウスで、ひっそりと守ってくれているはず、

    です(多分…)。


    そんな新月&日食。

    型を破りましょう^^/





    ↓割引鑑定やってます^^
     割引鑑定日はコチラ

    ↓ワークショップ参加者募集中^^
     トートタロットを「 読む 」ワーク ※2014年春に開催予定です^^
     トートタロットを「 知る 」ワーク ※参加者募集中。単発参加可能です^^
     星を読むワーク(占星学講座) ※2014年1月or2月に開講予定です^^

    ↓鑑定の詳細はコチラ
     対面鑑定について

    ↓スケジュールはコチラ
     スケジュールについて

    ↓私kiwaのHPです^^
     kiwaのHP^^

    ↓yahoo占いサイト。無料もあります^^
    banner_tenshi.jpg

    ┃ テーマ:占い ━ ジャンル:

    ┗ Comment:0 ━ 19:41:59 ━ Page top ━…‥・

    == Comment ==






            
     
    Prev « ┃ Top ┃ » Next