FC2ブログ

    == 今週のタロット ==

    今週のタロット 10/30- Swords6

    今週のタロットです。


    先週は、Prince of Wands。

    衆院選挙後の週ということで、バタバタ感は否めませんでした。

    事故のニュースも多く見たし、週末は再び台風となって混乱模様・・

    個人的には少々疲れた1週間だったかも^^;


    そして今週は、Swords6。

    とても理性的、知性的なカード。


    ■Swords6
    s-06.jpg

    このカードは、Science 科学 を表しています。

    6本の剣の先が薔薇十字の中心に集まっています。


    隠された科学的真実に向けられた6本の剣・・


    これは今までの思想や規範を超えた、

    新しく最も科学的な考えの必要性、

    を感じます。


    例えば、

    もうダメだ・・

    と思っていることがあったとして。


    その結論に辿り着いている自身の考え自体を見直してみるとか、

    まったく別視点、斜め上から物事を見てみるとか、

    もしくは、ジタバタせずに完全に止めてみるなど。


    ・・結構、人間の思考って狭かったり制限が掛かったりします。

    これまでの方法や経験則、常識や人の目などに縛られて、

    意外に、こうだ!こうでしかない!と思い込みがちなんです。

    これって、びっくりするくらい他人事ではなく。


    なので、可能性って自ら限っていたりするんですよね。


    ですから、可能性を最大限に生かすためにも、

    ”縛り”、”縛られ”から外れてみてください。


    ということで今週は、自分の中にある


    〜なはずだ


    をまずは疑ってみてちょ^^




    星の動きとしては、11月4日の牡牛座満月に向かう週となります。

    月は、水瓶座、魚座、牡羊座、牡牛座、双子座を運行します。

    その他の天体の星座移動はなし。


    現在蠍座を運行している太陽と、

    10月10日に蠍座に移動した木星が重なっている期間は過ぎつつあります。


    そこに魚座海王星が絡んできているので、

    まだ蠍座の本質が柔らかにされている感じなのかな・・


    蠍座というと徹底的に絡みつくか、

    バッサリ切り捨てるかのどちらかなイメージがありますが、

    いやー、どちらであっても怖い・・

    その対象物にはならずに過ごしたいデス^^;


    あと今週は金星が、遠い天体とアクセスしていきます。

    今はまだ天秤座におりますが、

    変容を促され、大人にさせられ、かつ、改革されていく感。


    それが美しいシンデレラストーリーであればまだしも、

    そうでない場合、天秤座金星には耐えられるのか?

    という疑問。


    そんなときは、できることのみチョイスして、

    それ以外は排除してもいいのではないかと思います^^

    だって、耐えられなくて潰れてしまうよりいいでしょう?


    だからきっと今週は、根性で乗り切るのは得策ではないのでしょうね。

    クールビューティーを目指したら良くて。

    風っぽく、かっちょ良ければヨシ的な^^


    そして今週11月4日には牡牛座満月が待っております。

    なので、どんどん欲求が高まって、

    自分の思いや欲求に取り憑かれてしまうかもしれません。


    本来、欲求は”悪”ではないのですが、

    そこに固執してしまうと様々な摩擦を生んでしまいます。

    そうならないためのSwords6は必要です^^


    なはは。結びつけたったヾ( ´ー`)ノ



    そんな今週。

    穏やかお過ごしください。






    ↓鑑定の詳細はコチラ
     鑑定について 

    ↓特別メニューもやってます
     特別メニューについて 

    ↓ワークショップ参加者募集中^^
    「読む知る」_1
     「タロットを読む 」ワーク ※次期クラス参加者募集中^^
     「タロットを知る 」ワーク ※次期クラス参加者募集中^^
     星を読むワーク(占星学講座) ※次期クラス参加者予約中^^

    ★監修してます^^ 「トートタロット秘星術」
    ctg560_120_kiwa.gif
    ┗ Comment:0 ━ 20:58:12 ━ Page top ━…‥・

    == Comment ==






            
     
    Prev « ┃ Top ┃ » Next